リフォーム業者を選ぶPOINT~プロの安心テクニック~

男性

依頼者が増えている

リフォーム業者の発展

作業員

欧米では一度新築した住宅は長くリフォームを続けながら住み続ける文化歴史が根付いています。古い住宅ともなると築200年程度のものも珍しくありません。気候の違いもあって日本ではそれほど長い築年数を誇る住宅は少ないですが、リフォームに関しての意識の変化がここ数十年起こっており、リフォーム業者の需要も増しつつあります。 日本におけるリフォーム業者の発展で大きなターニングポイントとなったのが、1960年代から1970年代です。戦後のベビーブームの元に生まれた子供たちが成人して住宅の需要が急増した中、住宅の価格が高すぎて購入できない人たちが中古住宅や親から引き継いだ住宅を改装して住むことが流行しました。 この際にリフォームの需要が高まり、リフォーム業者と呼ばれる住宅の改装を専門に扱う業者が多く登場し、現在に至ります。

リノベーションがトレンド

現在のリフォーム業界における一大トレンドとなっているのが、リノベーションと呼ばれるものです。リフォームと同じような意味で使われることも多いですが、意味としては住宅の見た目を元の新築同様に作り変えるだけでなく、住む人に合わせた新たな機能面やデザイン性での付加価値を高める改装を行うことです。 リフォーム業者の多くもリノベーションを積極的に顧客に提供するようになっており、ユニークなリノベーションプランも多数見られるようになっています。例えば古い一戸建てを仕切りなども全部取り払い、開放感溢れるリビングを作ったり、不用な子供部屋を潰して書斎にしたりといった事もリノベーションの一例です。 住宅の見た目や機能を住む人に合わせて作り変えるリノベーションは、トレンドなリフォームの一手段として多くのリフォーム業者が取り組んでいるソリューションです。